カテゴリー別アーカイブ: ホームページの基本

検索エンジンで1位になりたい!

まず、「検索エンジンの順位」と言っても、検索されたキーワードによって出てくる結果も違います。

そのため、あるキーワードの検索結果では1位であっても、別のキーワードの検索結果では自分のホームページが出てこない、ということは当然にあるわけです。

それを踏まえて、まずは検索エンジン上で確実に1位になるために簡単な方法があります。

 

それは、自社(または店舗)名で検索してもらうことです。

 

いろいろなホームページへのアクセスの傾向を見ていると、検索されたキーワードの中で最もアクセス数が多いのは、社名や店名そのものであることがほとんどです。

例えばどこかで名刺交換をした人、もともとの常連のお客さん、友達からの評判を聞いて店の名前を知った人・・・、など何らかの形で社名・店名を知ることになった人が、興味を持ってホームページにアクセスしているのです。

そういう人が多ければ多いほど、知名度があるということを意味します。

もちろん競合他社が動向を見るために、チェックしているのかもしれませんし、場合によっては自社の従業員の方だって検索して見ているのかもしれません。

そうであったとしても、実際のお客さん(またはお客さん候補)も一定数確実にいるわけで、多いのに越したことはありません。

業種や業態によって事情は異なるかもしれませんが、検索エンジンで順位を上げるための(多くの場合、小手先の)テクニック以前に、日々のいろいろな営業活動や販促活動が自社・自店舗への検索へとつながっていくことを忘れてはいけないと思います。

 

そして、もっと具体的なキーワードの検索で上位に入りたい、と思う方も多いと思います。

例えばですが、日本橋に居酒屋をオープンしたとします。
ホームページを作って、「日本橋 居酒屋」と検索したときに上位にランクインしたいという場合、検索エンジン上で上位にランクインするのは正直厳しいです・・・。

競合が多いですし、居酒屋などの情報ポータルサイト(「ぐるなび」とか「食べログ」)も上位にひしめいているわけです。では、「日本橋 居酒屋 個室」、「日本橋 居酒屋 個室 接待」とした場合はどうでしょう?「日本橋 居酒屋」という検索キーワードよりも、だいぶライバルも減ってきます。つまり、検索キーワードで上位を狙う場合は、まずはニッチな(とはいかなくてもある程度具体的な)キーワードを攻めるべきです。もちろんそのためには、自分のビジネスの独自性がなければいけません。上の例で言えば、日本橋の単なる普通の居酒屋ではなく、完全個室でビジネスの接待に使えるような落ち着いた雰囲気の居酒屋でなければそもそもホームページも成り立たちません。検索エンジンで1位(そうでなくても上位)にくるようにするということは、ある特定の検索キーワード(どんな特殊なものであっても)で自社・自店舗がピックアップされるということです。つまり「独自の売り」がなければならない、ということです。ホームページを作ってから、検索エンジンで上位になるために何か対策するのではなく、ビジネスを立ち上げた段階で、検索エンジン上の立ち位置が決まるといっても良いかもしれません。多少大げさではありますが、ビジネス上の強みや独自性を把握することと、検索エンジン対策は密接な関係があります。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

独自のホームページアドレス(ドメイン)を取ることは必要ですか?

ホームページのアドレスは、専門的には「ドメイン」と呼んでいます。

英語の”domain”を直訳すると、「領地」「領域」といった感じですが、なんとなく似たような意味です。

独自ドメインとは、自社、自分の団体・組織の独自のアドレスのことを指します。

ホームページを表示させて、お使いのブラウザの上の部分にある、アドレス(URL)バーに出ている文字でドメインがわかります。

これがドメインです

例えば、私たちの場合は「tresko.net」が独自ドメインとなります。
(ちなみに「/」スラッシュの後ろの部分はディレクトリといって、それぞれのファイルがあるフォルダを指します。)

独自ドメインはサーバーの場所を示すオリジナル住所のようなものです。そしてメールアドレスにも使われます。

例えば「yamanaka@tresko.net」といったように、@(アットマーク)以下の部分に使われます。

ビジネスで使うなら、あったほうがいいのではないかと思います。

理由としては、

    • 安いから(維持費が年間1,000〜5,000円程度)
      ※もっと高いものもありますがだいたいこの範囲です。
    • 多くの企業がそうしているから
    • ビジネスをしている組織として、(名刺やパンフレットに載せる場合に)格好がつくから

こんな感じではないでしょうか。

ホームページのアドレスが長くなってしまったり、明らかに借り物とわかるようなもの(例えばレンタルサーバーが無料で提供しているドメインなど)だったりすると、あまり格好つかない感じがします・・・。

また名刺交換をしたとき、相手のメールアドレスがフリーアドレスしかないと、ビジネスをしっかり行っていない、プライベートの延長上と捉えられてしまうことだってあるかもしれません。

もちろん人によりますが、念のため「ちゃんとした」印象を与えるためには、独自ドメインはとっておいたほうがいいです。

また独自ドメインはホームページ上のブランドや資産と考えることもできます。

実際、価値が高いと評価されたドメインは高い値段で売れたりもするんです。

もしビジネスをするのなら、ドメインは独自のものを持っておくことをおすすめします。

ホームページの効果はどのように測れば良いでしょうか?

ホームページの効果を測るには、まず目標を設定することが重要です。

最終的に営利を目的とする企業や組織であれば、売上げまたは利益を上げることが重要だと思います。

その前提として、例えば、「予約数を上げる」、「問い合わせを増やす」などの目標を設定するのです。

ホームページを利用して、この目標を達成できているかどうかが、効果を測る指標になります。(この「目標の達成」を専門用語で「コンバージョン」と言ったりします)

わかりにくいので、ここではお店を想定して、単に来店の「予約数」が目標の達成値としましょう。

ホームページによって、この予約数を上げるためには、下記の2つが必要です。

アクセス数(ホームページを見てくれた人)を増やす
・アクセスされた数に対して、予約される割合、予約率を増やす

アクセス数が多くても、予約してくれる人がいなければ意味がないですし、ホームページを見てくれる人が仮に100%予約をしてくれても、アクセス数自体がなければ意味がありません。

上記2つが同時に満たされて、初めて予約数が増えていくのです。

ではアクセス数と予約率がどのくらいかをどうやって測るのか?

それはホームページのアクセス解析ソフト(システムというべきでしょうか?)を使います。
具体的には「Google Analytics」という、無料で使える良いものがありますので、それを使うのがオススメです。

まとめると、アクセス解析ソフトを使って、ホームページのアクセス数と予約率を測ることでホームページの効果を測ることができます。

ちなみにアクセス解析ソフトであるGoogle Analyticsは、Googleのアカウントを持ち、各ページにあるコードを入れるだけですので、すぐに設定できます。

ただし全く知識のない方が設定するのは若干ハードルが高いかもしれません・・・。

ホームページの効果測定をこれから行っていきたいという場合は、お手伝いしますのでお問い合わせください

ホームページを更新するネタがありません・・・。

よく「ホームページはなるべく更新したほうが良い」といわれています。

でも、何のために更新するのでしょうか・・?

お客さんに「ちゃんと営業している」と思ってもらえるため、そして検索エンジン対策としても効果があるからです。

つまりお客さんのための更新(1)と、検索エンジンのための更新(2)の2つがあります。

でも、意味のある更新でなければ単なる時間の無駄だと考えます。

(1) まずお客さんにとっての更新の意義を考えます。

お客さんにとって有益な情報を更新しなければ意味がないです。

「有益」とは、ある専門店や専門家としての視点や独自性があり、お客さんが知って得する情報のようなものです。

ホームページ更新の手段として、例えばブログのようなものがあります。

よくある内容として、ただ更新するためだけに自分のビジネスとは関係ない、プライベートの内容を投稿しても、多くの人にとっては残念ながら「どうでもいい」情報です。(一部の有名人は別です)

それよりも、例えば地域のお店やクリニックの場合は、年末年始や夏休み、臨時の休診日、閉店日をまずしっかり告知すべきです。
また新着商品(入荷商品)や新サービスの告知も重要です。

私のクライアントのあるお店は以前「スタッフ日記」というブログを頻繁に更新されていましたが、ビジネスに全く結びつかないということで、何年かして辞めてしまいました。

もちろんスタッフ同士の交換日記のようになって、お互いのプライベートの一部分を知ることが出来たようですが・・。

ブログはあくまで手段なので、目的になっては元も子もありません。今すぐブログをやめるべき、とは思いませんが、無理にやる必要はないと思います。

ホームページで必要な告知さえできていれば十分なです。

(2) そして、検索エンジン対策の観点からの意義です。

結局のところ「競合よりも良ければ問題ない」ということです。

例えば「中央区 クリニック」と検索して、1位に出てくるホームページを持っていたとします。

もし他の競合クリニックがどんどん情報を追加して、更新もしていれば、そのうち1位の座を奪われるかもしれません。

でも、2位以下の他のクリニックが全く更新もせずに、ページも増えず内容が現状維持なのであれば、きっと1位を維持できます。

ただ更新すればいいのではなく、他の検索エンジン上のライバルよりも更新すればいいだけの話なのです。

逆に例えばオープンしたばかりで、他のクリニックよりも下の順位にいる場合であっても、他よりも内容が充実したホームページであれば、そのうち順位も上がってくる傾向があります。

ただし先にオープンしているホームページのほうが、検索エンジンに評価されやすい傾向もあります。

そのため、オープンしていきなりキーワード検索で1位に表示されるホームページはありません(自社名は除きます)。
それができるのなら、今頃「検索1位になるホームページ作ります!」といった会社が出ていてもおかしくありません。

長くなりましたのでまとめると、

ある検索キーワードに合致する競合ホームページの中で

「内容の質」×「更新頻度」×「ホームページ運営の長さ」

を総合評価されて、検索エンジンの順位が決まります。そのため、やみくもに更新することよりも、いかに他の競合ホームページよりも良い評価を得るかを考えることが重要です。※ただし検索エンジンは常にその評価方法が変わっていますし、上記の内容が100%当てはまるとは限りませんので、あくまで参考としてもらえればと思います。

これからホームページをもっと活用したいのですが、どこから始めれば良いでしょうか?

まずは現状を把握することが重要になります。

例えばホームページへ何人アクセスしているのか、どのような検索キーワードでアクセスされているのか、他のホームページで紹介されているのか、等を確認します。

上記については、アクセス解析ソフト(「google analytics」のような無料のサービスも含みます)を利用されていれば見れることが出来ますので、まずはその情報から始めます。

一方でその会社または組織の置かれた状況によって、ホームページの役割も異なります。

例えば地域密着型のお店やクリニックであれば、地域の人々にとって有益な情報を掲載することが重要になりますし、他にはないサービスを新規開拓していきたい企業にとっては、多くの人にホームページへアクセスしてもらえるようにする必要があります。

もちろん、それ以前に「ホームページが見にくい」「レイアウトがおかしくなっている」等の場合には、まずはホームページの修正をすることが最優先となります。

ある程度体裁の整ったホームページが既にあるのであれば、それをどう活かすかが重要です。

そのためにはホームページで最終的に何をしたいのか(みんなにサービスを知ってもらいたい、利益を上げたい、新規顧客を獲得したい・・・、など)をしっかりと設定し、それぞれに最適なホームページ運営を目指すのがよいでしょう。

ホームページを公開・維持するには何が必要ですか?

ホームページを、ビジネスとしてインターネット上に公開するには、少なくとも下記2点が必要になります。

・ドメイン
・サーバー

ドメインとは、例えば「aaa.com」といったホームページのアドレスを示す文字記号のことです。
ドメイン管理会社から取得申請をします。
「.com」だけではなく、「.jp」「.net」などたくさんあります。

ただし全てのドメインをとることができるのではなく、条件を満たさないととれないドメインもあります。
「co.jp」は会社(法人登記済)でなければとれません。

ありすぎてどれにするか困ってしまいそうですが、迷ったら「.com」か「.jp」にすれば良いかと思います。
それぞれ登録料金が違うので、それもふまえて判断しても良いかもしれません。

そしてサーバーはホームページを表示するファイルを入れる場所(実際はコンピュータ内のハードディスクなど)のことです。

サーバーはレンタルサーバーを使うか、自分で構築・管理することもできます。
自分で管理するのは大変ですので、一般的にはレンタルサーバーがおすすめです。

この2つを正しく設定することにより、「aaa.com」をブラウザなどで入力すると、ホームページが表示される訳です。

ちなみにドメインは早い者勝ちですので、すでに誰かが使っているドメインは使用できません。そのためどうしても欲しいドメインがあれば早くとっておく必要があります。

またドメインを持つということは、基本的にはメールアドレスも持つことになります。

上記の場合、「◯◯@aaa.com」というメールアドレスになります。◯◯の部分は、英数字(一部の記号)が入ります。

ドメインやサーバー等の具体的な手続きについては、それぞれの状況によっておすすめも違いますので、お問い合わせください