インターネットに広告を出したいのですが・・・

インターネット上に出す広告にもいろいろな種類がありますが、まずはGoogle Adwords(グーグルアドワーズ)をオススメしています。

Googleが運営している、検索エンジン連動型広告(リスティング広告とも呼ばれます)と呼ばれる広告です。

検索エンジン上のキーワードに応じて表示することのできる広告で、イメージとしては下記のような感じです。

例えばですが、「Tシャツ」というキーワードが検索されたら広告が出るように設定したとします。

そして誰かがGoogleで「Tシャツ」と検索したときに、自分の広告が表示されるのです。

もちろん実際は他の会社なども広告を出しているわけで、確実に毎回表示されるわけではありませんし、あまり検索されないようなキーワード(「ニッチなキーワード」とも言われています)は、そこまで多くの人の目に触れるチャンスがない可能性もあります。

そういう個別、細かい話はここでは置いておいて、一般的には、今まで見てもらえなかった層からホームページへアクセスしてもらえるチャンスは広がります。

そして、表示された広告をクリックする毎にお金が取られる仕組みになっているため、費用対効果も測りやすいです。
また、予算も上限などを設定できるため、費用のかかりすぎも防げます。

例えば1クリック=100円として、予算を1,000円(1000円超えたら表示させないように設定)とします。

結果として、10回クリックされた→Tシャツオンラインショップ(自社ホームページ)へ10人がアクセス=1000円

そのうち1人がオンラインショップで5,000円のTシャツを買ってくれたとすると・・・

広告費:1,000円
売上:5,000円
となり、他の諸経費も合わせて黒字なのか赤字なのか・・・、広告としての価値があるのかどうか・・・、といった判断ができます。

全部インターネットでの動きなので、数値が出しやすいです。

もし儲けが少ないのなら、広告をやめればいいですし、利益が出ているのなら、もっと予算を使ってより多くのクリックを得ることもできます。

他の広告(看板や金額固定の広告)だと、誰が、いつ広告を見て、売り上げに貢献したのかわかりづらいですが、Google Adwordなら、それぞれの数値を出すことができるのです。

もちろん、そのためにホームページへのアクセスを分析する必要が多少ありますので、最初はややこしいかもしれませんが、ある程度は慣れるしかありません・・・。

特にオープンしたてのホームページや、なかなか検索エンジン上で順位が上がらないホームページは、一度試してみても良いのではないでしょうか?

広告からのクリックが直接売上につながれば良いですし、クリックされてもあまり成果が出ない場合には、ホームページの改善すべき点も見えてくるかもしれません。

 

ホームページ管理を任せている業者から、別の業者へ乗り換えたい

「ホームページの更新を頼んでいる業者に払う費用が高すぎる」、「ホームページ管理業者が信頼できなくなった」、等の理由で、現在ホームページの管理を任せている業者から、他の業者に依頼したいというご要望をお聞きすることもあります。

私たちもホームページ管理を新たに依頼されることもあれば、残念ながら今まで行っていた管理をキャンセルされ、他社に引き継いだこともあります。

基本的にはお客さん側(ホームページ管理を頼んでいる側)が気に入らなければ、別の業者に乗り換えることは自由ですが、元々の業者としては、契約が終わってしまうのは悲しいことでもあります・・・。

もちろんその方が業者同士の健全な競争も生まれるため、良いこともあります。

そのような状況で、スムーズに、できるだけお互いが納得した形で、ホームページ業者の変更を行うには、気をつけなければならないことがあります。

1. 契約(解約の条項)はどのようになっているか?
2. ドメインは誰が所有しているか?
3. 各種ID、パスワードは知っているかどうか?

この3つをあらかじめ把握しておく必要があります。

私たちの場合は、プランによって1年間、半年、1か月単位で料金をいただいているので、その都度契約延長の意思を確認しています。

実際は料金を払っていただかなければ、契約延長もできませんが・・・。

業者によっては、例えばホームページの制作を安くする代わりに、2年間は解約できないことにしていたり、といったこともあり得るので、ご注意ください。

同時に、今までのホームページが使えなくなってしまうことがあれば、大変なことです。
そんなことを起こさないために、ドメインは誰が所有しているかという事実が重要になります。

ドメインというのは「◯◯.com」のような、ホームページのアドレスのようなものです。

このドメインの名義がホームページ管理会社になっていると、仮管理契約をに解除した場合、そのドメインも使えなくなってしまうこともあります。

なぜならそのドメインはその会社の所有物だからです。

ドメインは検索エンジン上の順位にも影響しますし、メールアドレスにも使われているので、今まで利用していたドメインが使えなくなることは、大きなビジネスの損失になりかねません。

ぜひ、ドメインはご自身名義でとっておくことをお勧めします。

同時に、各種ID・パスワードも業者に任せっきりにするのではなく、ご自身でも把握しておく必要があります。

例えばですが、クレジットカードを持っていて、その暗証番号を他人に任せていることはしませんよね?

それと同じで、ホームページ関係(ドメインや各種お使いのサービス)のID、パスワードは、管理の必要上、業者にも教えていることが多いとしても、ご自身も知っておかないと、いざという時に困ります。

もし現在のホームページ会社が、なんらかの理由で業務を停止してしまった時、ご自身が利用中のドメインや各種サービスのID、パスワードを知らないと、別の業者も業務を引き継ぐことはできません・・・。

もちろん、現在ホームページ管理を任せている業者が信頼できる会社で、継続的に管理してもらうことが一番良いことではあります。

不測の事態に備えて、上記を一度チェックしてみることも良いかもしれません。

 

ホームページのデザインはどういうものが良いですか?

ご自身のビジネスや伝えたいイメージを体現したデザイン、と答えたいところですが、正直に言えば「見にくくなければOK」です。

デザインというのは評価が難しいです。
完璧なデザインというのは存在しませんし、このご時世、完全にオリジナルなデザインを作ることも難しいです。

ホームページはビジネスのツールであるべきで、アートではありません。
「かっこよさ」や「奇抜さ」よりも、「使いやすさ」がまず重要になります。

ホームページを見て、そこから問い合わせや予約などをしてもらうことを考えると、いくら見栄えが良くても、ホームページが正しく動かなかったり、お客さんが注文方法で困ってしまったりしては意味がありません。

さらに言えば、「見栄えの良さ」の評価基準も人それぞれです。派手な外見が好きな人もいれば、シンプルな外見が好きな人もいます。

ホームページを見てくれる方(=お客さん等)の年齢、性別、育ってきた環境などを考えれば、好みが違うのは当然です。

そのようなことを踏まえ、私たちが提案する(または制作する)場合、ホームページはできるだけ「シンプルで、見やすく」作るところから始めます。

ホームページというのは、インターネット上のファイルによって作られています。

ファイルの集まりでできているため、やり直しはいくらでもできます。

そのため、シンプルに作っておけば、後で付け加えたいデザインやメニューがあったとしても、比較的簡単にできるのです。

シンプルに作ると、「オリジナリティーがなくなる」とか、「つまらない」と考える方もいるかもしれません。

確かにシンプルであればあるほど、ホームページ外観の表現の幅が狭くなってしまうのかもしれません。

でも、ホームページには、文章と写真がありますよね。
その部分を他とは違うものにすれば良いだけです。

自分自身の写真や店の外観を載せるだけでも、十分個性的だったりするのです。

ホームページを作成、リニューアルする場合は、その後の運営も考えて、まずは「シンプル」であることをおすすめします!

yahoo !知恵袋を使ったSEOの営業がありました。

最近あるお客さんへ営業のメールが届きました。
こういうメールにはくれぐれも注意していただきたいと思います。こんな感じのメールです。

————————————————————————

●●(お客さんの名前)様突然のご連絡にて失礼いたします。
△△会社にて集客コンサルタントをしている、□□(担当の名前)と申します。

現在、貴社でおこなわれておりますサービスで、何かご協力させていただけることがあるのではないかと思いご連絡いたしました。

■集客施策の一例
Yahoo!知恵袋を使った施策※期間限定施策

・成果型報酬
・質の良いお客様の獲得
・webプロモーションよりも圧倒的費用対効果

などで
3ヶ月で取引先100社を突破し、
当社でも驚くほど大変ご好評を頂いております。
※添付資料をご確認下さい。

————————————————————————

といった感じで資料も添付しています。

内容を見てみると、「Yahoo!知恵袋を利用した圧倒的なブランディングのご提案」と題して、「人気・流行りのメディアを使った潜在層・顕在層の囲い込み」をしませんか?という営業です。

Yahoo知恵袋に、「貴社がお客様から頂いた感謝の声 を弊社が代わりに分かりやすくま とめ、第三者目線のQ&A形式の 記事として作成致します!」と書いてあるではありませんか。

そして「検索結果1ページ目に設けられた特別表示枠に必ず掲載させます!」とも書いてあります。

簡単に言うと、yahoo知恵袋で自作自演の記事を書いて、それを検索エンジン(yahoo)の検索結果の一部分に表示させるようにします。
それによって、より多くのアクセスをホームページに誘導できるになり、集客ができる、というカラクリです。

今までも何度か「やらせ記事」や「ステルスマーケティング」などが話題になっているのに、まだやってるのかと、思いましたが、くれぐれもこういう話には乗らないようにしてください。

 

まず常識的に考えて、自作自演の記事はまずいですよね・・・。

そして、SEO(検索エンジン最適化)対策において、「必ず」というのは信頼してはいけません。

なぜなら検索エンジンの全てについて、どの業者も知るはずがないからです・・・。

いくら検索エンジンの傾向を研究したとしても、検索エンジン側も常にプログラムをアップデートしていますし、そういう故意に検索順位を操作しようとする業者の存在も認識しています。

こういう営業をする業者がまだいるのか・・・、とあきれてしまいますが、電話で営業してこないだけマシかもしれません。

それにこのメールを出してきた方も、意味をわかってやっているのか、上司に言われたから嫌々やっているのか、わかりませんので彼を責めることもできません・・。

どちらにしてもこういう話には乗らないようにしてください。
無駄な出費に終わるだけです。

仮に、検索エンジンで「絶対」に上位になれる、というおいしい話があったとしても、そういう場合は不特定多数の人に営業する必要なんてないですから・・・。

 

ホームページのリニューアルは定期的にやったほうがいいんですか?

場合によると思います。

「何のためにリニューアルするのか?」という目的があるのであれば、リニューアルすべきだと思います。

例えばですが、昔に作られたホームページがあるとします。

今のブラウザで見るとレイアウトが明らかに崩れてしまっていたり、お知らせを更新するのに毎回ファイルを更新するためのやり取り(外注していた場合)が負担になっていたとします。

このままでは、お客さんに情報を正しく伝えることができず、従業員の貴重な時間が奪われてしまう・・・。

そんな場合は、ホームページをリニューアルをして、見る側にも管理する側にも便利なホームページを作り直す意義があるかもしれません。

逆に、「ただ何となく・・・」、「他の会社がリニューアルしているから・・・」という場合であれば、おすすめしません。

よく「〜年経ったらホームページをリニューアルしたほうが良い」といった記事を見かけることがありますが、必ずしもすべてのケースに当てはまりません。

どちらかといえばホームページ制作会社の都合でそう言っているのではないかという気もしています・・・。

リニューアルしても、今までのホームページよりも多くの人がアクセスしたり、売上が上がったりする保証はありませんしね。

ちなみに「リニューアル」には、いくつかのレベルが考えられます。

・内容はそのままで、デザイン・レイアウト(見た目やメニュー構成)のみ変える。
・内容はそのままで、デザイン・レイアウトに加え、システム・機能(ブログ投稿システムやページ更新機能など)も変える。
・内容もデザイン・レイアウト、システム・機能も全部変えて、一から作り直す。

だいだいこの3つが挙げられると思います。

リニューアルのレベルによって、必要な作業量も変わりますし、予算もだいぶ変わってきます。

「リニューアル」というイメージから、メリットにばかり目にいきがちですが、デメリットが生じないのかどうかもあらかじめ確認しておく必要があります。

例えばホームページがより高機能になっても、活用しきれず管理する手間が増えてしまったり、ホームページがよりおしゃれになったけれども、企業理念が伝わりにくくなってしまったり・・・。

リニューアルのためのコスト(またはその後のメンテナンスコスト)も含めて、総合的に判断する必要があるでしょう。

「ホームページをリニューアルした先に何が期待できるのか?」

その答えを出すところから始めてはいかがでしょうか。

ブログってやったほうがいいですか?

そうですね、ブログといっても、いろいろな内容・ジャンルがあると思うので、一概に言えない部分もあります。

ここでは単なる趣味ではなく、「自社・組織の利益のため」に始めるブログについてお話しします。

一般論として、やったほうが良い場合と、やる必要がない場合があります。

判定基準としては、

・自分自身(またはブログ担当者)が文章を書くのが得意(苦ではない)かどうか。
・ブログに書く内容が、現在行っているビジネスに関連しているもので、継続的に話題があるかどうか。

この2点をまず考えてもらえれば良いと思います。

いくらブログで何か伝えたいことがあるとしても、文章の構成が悪くて読みづらかったり、間違った事実を伝えてしまったりしては、逆に評判を落としてしまうことにもなりかねません。

ブログの内容についても、行っているビジネスに関係ないとあまり意味がありません。

例えば、「今日のランチ♪」というブログを書いたとしても、多くのファンを持つ有名人以外は、はっきり言って誰も見てくれませんし、検索エンジン対策上も効果がないです。

また、ブログを始めても、続けられなければ意味がありません。

たまに見かけるのですが、「ブログをオープンしました!」と投稿したっきり、一度も記事が追加されず月日が経っている・・・、なんていうホームページも存在します。

「最初からやらなければいいのに・・・!」とツッコミたくなります。

ブログを始めるのであれば、ご自身のビジネスの宣伝になるような告知やお知らせ、またはご自身の携わる業界について書くことが重要です。

ただ、ブログ開始直後は書きたいことが溢れるほどにあったとしても、そのうちネタ切れが起こる可能性があります・・・。

継続することも考えると、告知や活動報告を定期的に出せるような会社や組織でない限り、積極的におすすめはしていません。

ご検討いただければ幸いです。

 

ホームページの製作、運営、コンサルティング、・・何が本業なんですか?

「全て」です。

いい加減な答えに聞こえるかもしれません。
でも、運営のことを考えずにホームページを作りっぱなしにしたり、ホームページが作られた経緯や意図を考えずに運営したり、今までのホームページの置かれた状況や運営形態を無視してコンサルティングをしたり・・・、そんなことはできません!

全てをうまくバランスとりながら、ホームページの運営をしていくのが私たちの目指すところです。

ホームページの管理者がいない(または兼業でやられている)、中小規模の会社・組織を対象としていることが多いので、結果的にホームページについて何でもできなければサポートすることができません。

ホームページを運営することが面倒なので、「丸投げしてしまえ!」という感覚で、頼まれる方もいますし、ご自身でいろいろ勉強しながら、足りない部分のお手伝いもしたりしています。

それぞれの置かれた状況(人材、経営、競合など・・・)を踏まえて、ホームページの効果的な運営をサポートする、というのがメインの仕事だと考えています。

 

 

問い合わせや作業のやり取りは電話でも良いですか?

メールアドレスでのやり取りを基本とさせていただいています。

昔の話ですが、電話での指示を受けて作業をしていたところ、後になって、「そういう意味で言ったのではない!」、「そんなこと言った覚えがない!」とお客さんに言われ、ちょっとしたトラブルになった経験があるのです・・。

こちら側も、電話の内容全てをメモしているわけではないので、記憶があいまいになってしまっていたことも原因かもしれません。

結局作業のやり直しが発生して、お互いに無駄な時間を使ってしまいました・・・。

メールのやり取りであれば、相手側・自分側の書いた内容が、メールボックスに保存されますので、記録に残ります。

それに、お互いに同じ時間を費やして話をする電話と違い、メールであれば自分の余裕のある時間に対応できます。

席を外していたり、電波の届かない場所にいる時(携帯の場合)など、どうしても電話に出れない時もあります。
折り返し電話をしても、今度はお客さんの方がいなかったりすることもありますよね・・。

メールでやり取りをした方が効率よく、正確に作業が進められることができ、結果的にお客様にとってもメリットがあると考えています。

そのため基本的にはメールでやり取りをさせていただいています。

もちろん「インターネットがつながらない!」、「メールが使えなくなってしまった!」等の緊急事態では、電話でご連絡してもらって問題ありません。

よろしくお願いいたします。

オンラインショップの運営もサポートしてくれますか?

はい。もちろんサポートします!

ちなみにオンラインショップ運営のサポートと言っても、いろいろあります。

まず、ページのレイアウトを変えたり、画像を変えたりといった、作業のお手伝いがあります。

オンラインショップといっても、楽天などの、管理システムが十分用意されたものから、自分たちで立ち上げた小さなホームページまで、様々な種類があります。

オンラインショップ管理画面のようなものが用意されているもには、一般的にはホームページ関連の知識がなくてもできるようになってはいます。

それでも、表現上の制約があることも多くて、ページを更新するにも、ある程度知識がないと難しい部分もあります。そもそも技術的にできないこともあります。

また、人材の確保も必要です。
それぞれの状況に応じて対応します。

一方で、どうやってオンラインショップのアクセス数を伸ばすか、売上を伸ばすにはどうすればいいか、SEO対策・マーケティングに関わる部分も多くあります。

こちらに関しては、ホームページ自体よりも、経営方針や競合状況、周りの環境、人材、予算などが絡んできますので、もう少し経営コンサルティングのような形になるかもしれません。

特にオンラインショップを始めたばかりは、ホームページへのアクセス数も低く、運営の方法にも不慣れなので、どうすればいいかわからないことも多いとおもいます。

正直言って、オンラインショップを立ち上げて、すぐに売れるということはありません。

もちろん既にブランド力がある商品を持っていて、他で売られていない、というものであれば別ですが・・。

時代も変わっていきますし、「絶対にオンラインショップで成功する!」ということを保証することはできません。

でも、「これをやったら失敗しそう」「これをやってもあまり効果がなさそう」ということはありますし、リスクを低くするためのノウハウはあります。

扱う商品によっても状況が違うので、「絶対にこれをやれば売れる!」ということもあまりありません。

いろいろな施策を行い、効果測定を行うことで、改善していくという流れになると思います。

オンラインショップ運営にお悩みがありましたら、お問い合わせください。

どこまでを運営サポートの範囲でやってくれるのですか?

なかなか答えづらい質問なのですが、「ホームページ運営」に必要な範囲内で、「何でも」やります!

ただ、何が「ホームページ運営」に必要な範囲なのかは、個人個人で解釈が違うと思います。

知識や経験がないとできない、技術的なことをサポートすることが、ホームページ運営でもありますし、ある商品・サービスをどうやって売るか、といったマーケティングに属することも運営の一つと考えられます。

実際には、競合や各会社・組織が置かれる状況によって、ホームページの運営の中で何を重視すべきか、というのも変わってきます。

例えばオープンしたばかりのホームページの場合、新たなページの追加、サーバーの設定、新しいメールの追加、各不具合の修正、・・・等、どちらかといえば技術面のサポートが中心になります。

同時に、どうやってアクセスを伸ばすかという課題もあるでしょう。

でも、ある程度ホームページ運営を継続的に行ってきていて、既存のお客さんが多く存在する場合は、状況が違います。

どうやって既存のお客さんに有益な情報を提供するか、またどうやってお客さんが離れるのを食い止めるか、ということが重要になってくると思います。

もちろん、ホームページ放置したままでも、お客さんが十分来るので満足、というケースもあると思います。

そういう場合は、最低限の更新(お知らせなど)やメンテナンスを中心に行えば良いのです。

運営サポートのプランによっても異なりますが、メンテナンスや最低限の更新をベースとしたベーシックプランをご用意しています。

スタンダードプラン以上であれば、各種アドバイスについては無制限でご提供します。

料金については、こちらをご覧ください。

実際に作業が発生する場合については、基本的にはプランの範囲内でできるようにしますが、どうしても特別な作業量が発生する場合は、別途費用についてご相談させていただきます。